風土47
郷土食材で作る「男の郷土風料理」

 仕事柄、たくさんの郷土料理との出会いがあることから、都道府県アンテナショップや物産展などにて食材を探し、郷土料理を参考にアレンジした料理を、同僚・粟井滋彦と毎月紹介することになりました。よろしくお願いします!(瀬川雄貴)

「第1回 じゃこてんで、炊き込みご飯を作る」

 北海道、山形、富山、香川、愛媛、、、。
数え切れないほどの各地の食と出会える、新橋・有楽町・銀座界隈。
そう、このエリアには徒歩圏内にアンテナショップが密集しているのだ。

 その中で異彩を放つ、「香川・愛媛せとうち旬彩館」。なんでも、全国初の二県共同によるアンテナショップとのこと。全国初、という言葉に興味をひかれ、即座に電話。

■ 香川・愛媛 せとうち旬彩館の担当者談話

「初めは四国四県共同のアンテナショップを作ろう、という計画があったそうです。主観ですが、橋が掛かっているとはいえ四国は離島といえるでしょう。だから隣県同士の結びつきが強くて、共同でアンテナショップをやろう、という機運が高まったのかもしれませんね。四国は四国山脈があって、北四国(香川県・愛媛県)と南四国(徳島県・高知県)に隔てられています。記憶正しければ、昔は高校野球の予選大会が北四国ブロックと南四国ブロックに分かれていたような気がします。何らかの理由で四国四県のアンテナショップ計画が実現されなかったものの、香川・愛媛が共同でオープンしたことは腑に落ちますね」

「へぇ」と思える話の数々、否が応でも興味を抱く。聞いた話を頭に浮かべながら、いざお店へ。郷土食材で料理を作る、まずは第一回目なので今回は親しみある「じゃこてん」を使うことに決め、購入。あわせて「大漁かつお飯」と「だしの素 ゆたかあじ」なるものも購入。

さて、何を作るか?生産者に聞くのが一番と思い、じゃこてんの製造会社に電話して聞いてみた。

■ かまぼこの村上の担当者談話

「うどんやおそば、炊き込みご飯と相性いいですよ。焼いたじゃこてんに、辛子バターを塗って食パンで挟むと美味しいです」

じゃこてんのサンドウィッチ?、かなりそそられたが、まずは無難に炊き込みご飯を作ろうと決め、電話を切る間際に、 「じゃこてん、せとうち旬彩館で買いました。そのまま食べたらとても美味しかった」と伝えたところ、 「お客さんの名前を教えて下さい。うちのお店、日本橋高島屋のイベントに出展するんです。私の息子いるから、ぜひ声掛けてみて。瀬川さんのこと話しておくから。サービスするように言っておくから(笑)」 行くことを決意。その際の話はまたおって。
いざ、料理開始。

■ レシピ

【材料】(4~5人前)
・お米3合
・日本酒適量
・香川・愛媛せとうち旬彩館での購入品
 じゃこてんを2枚
 (630円5枚入り byかまぼこの村上)
 大漁かつお飯を2つかみ
 (630円60g入り by高松珍味堂)
 だしの素 ゆたかあじを1袋
 (189円7g×12袋 by堺屋醤油)

【手順】
1. 炊飯器に米と水、日本酒適量を入れ、20分おく。

2. じゃこてんを細かく切る。

3. 1に、2と大漁かつお飯を2つかみ、
だしの素ゆたか味を1袋入れ、5分おく。

4. 炊飯開始。完成後、まぜて完成。

■ 所感、こうすればもっと美味しく!

 香ばしく美味。じゃこてんがパサパサするかと思いきや、頬張るとかなりジューシー。思ったよりも、じゃこてんから味が染み出なかったことで、味が薄めだった反省あり。大漁かつお飯をもうひとつかみ入れれば、よりよかったと思う。 お米や調理酒を除く費用としては、4~5人前の原価で300円以内か。満足度は○。次回はもっと満足できるようにと思いつつ、次回の食材に想いをめぐらす。

■ 「じゃこてん」って?

愛媛県の近海でとれた小魚を磨り潰して形を整え、そのまま油で揚げた魚肉の練り製品。愛媛県では現在も販売店が多く、店毎の特徴を食べ歩きで楽しむ観光客も多い。おやつとして大人気。

【文・写真 瀬川雄貴】

プロフィール:瀬川 雄貴、粟井 滋彦
1993年に中学校で出会い、2007年に2人でロケーションリサーチ株式会社を設立。
現在、地域振興に関わる仕事を行っている。郷土料理教室のプロデュース、雑誌やweb媒体における郷土料理コンテンツ協力(写真やレシピ、蘊蓄)、時には農家のお嫁さん探しにも取り組んでいる。
http://www.location-research.co.jp/