風土47
今月の特集・ご飯を炊こう
おひつに入ったご飯
新米のおいしい季節がやってきました。ふっくら炊き上がったつやつやのご飯は、それだけで御馳走ですが、さらにおいしく味わうために、都内のアンテナショップをめぐって、選りすぐりの「ご飯の友」を選んでみました。
"これ1つあればご飯が何杯でもいける!"という、ご飯とベストマッチの品ばかり。高級な海産物から気軽な値段のふりかけ、買い置きに便利な缶詰など、バラエティ豊かに揃いました。厳選された材料を、材料を知り尽くした産地ならではの製法で調理しています。
帰宅の遅いお父さんや、外食の苦手な一人暮しのOLさん、朝ごはんを抜きがちな若い会社員の方などに特にお勧めです。
残業で遅くなった晩も忙しい朝も、とりあえずご飯を炊いて、「ご飯の友」を食卓に用意しましょう。あったかいご飯とお気に入りの一品は、コンビニ弁当や外食よりも、心も身体もホッと癒される食事になるでしょう。
取材/撮影 中元千恵子(トラベルライター 日本旅のペンクラブ、日本旅行作家協会会員)
アンテナショップおすすめの
      「ご飯の友」
※ご紹介した商品は品切れしている場合があります。在庫を各アンテナショップにてお確かめください。また、商品の価格は掲載時のものですので、変動があることをご承知おきください。
枝幸町・北海風おがわ旬極厳選
えぞばふん粒うに (60g 3,360円)
利尻昆布を食べて育ったオホーツク海産のバフンウニは、ウニの中でも最高級にランクされる。
たった数週間の旬の時期に収穫し、甘み、香り等が際立ったものを厳選。
自然海塩だけで仕上げた。アツアツのご飯にのせて頬張れば、濃厚なウニの甘味ととろみが舌に広がり、まるで産地のようなウニ丼が味わえる。
北海道・粒ウニ
熊本県・柚子こしょうのじゃこ煮
天草・海食まるけん
柚子こしょうのじゃこ煮 (75g 630円)
天草で水揚げされたちりめんじゃこを、五家荘でとれる柚子と一緒に甘辛いしょうゆ味でじっくり煮込んである。一つ一つすべて手作りで無添加。口に入れた瞬間、柚子の爽やかな香りが広がり、噛みしめるとじゃこのうま味が増してくる。山椒のような辛みがなく、あと味がすっきりとして、ご飯が進む逸品。
愛媛東予養鶏農業協同組合
媛っ娘みかんたまご (6個入り250円)
小豆島・タケサン
たまごかけごはんしょうゆ (150ml 262円)
「今まで食べていたのは卵だったの!?」という声が寄せられるほど、濃厚な味の媛っ娘みかんたまごは、卵かけご飯にぴったり。ミカンの皮と天然サンゴ入りの餌を食べて育ち、ビタミンEは通常の7倍含まれる。ミカン色の黄身に小豆島産のたまごかけごはんしょうゆをかければ、至福の朝ご飯の出来上がり。
愛媛県・みかんたまごと香川県・たまごかけしょうゆ
石川県・ふぐの子糠漬け
笠井食品
ふぐの子糠漬け (100g 735円)
石川県だけが製造を許されている珍味中の珍味。猛毒のあるフグの卵巣を1年間塩漬けにし、さらに2、3年糠漬けにして毒を消したもの。魚卵のプチプチとした食感と、発酵食品ならではのうま味が食欲をそそる。糠をとってそのままレモン汁や酒に浸すか、軽くあぶっても香ばしい。焼いてほぐしても美味。
マル幸
鯨焼肉 (55g 350円)
クジラの水揚げ港だった下関には、昔から鯨の食文化が息づいている。貴重なミンク鯨の赤肉を、味噌やニンニクがほのかに効いたマイルドな秘伝のタレで焼き上げた。レンジで温めるとさらにおいしい。鯨肉は、高タンパク、低脂肪、低カロリーのヘルシーな食材。鉄分も多く含まれ、女性にもお勧め。
山口県・鯨焼肉