風土47
今月の特集 これがあれば暑さに負けない! 夏のスタミナ、この一品
真夏のイメージ バックナンバー「春・行楽のお供」 バックナンバー「お弁当の友」 バックナンバー「ハイキングのお供」 バックナンバー「爽やか快適な一品」 バックナンバー「暑さを乗り切る一品」
◎以前のバックナンバー 2009年1月 2009年2月
夏真っ盛りですね。
この暑い時期、食欲がないからといって口当たりのいいさっぱりしたものだけを食べていると、夏バテになってしまったり、残暑の厳しい9月も乗り越えられせん。この時期にしっかりスタミナ補給をすることが、夏を楽しみ、爽やかな秋を迎える秘訣ではないでしょうか。
今月は、各県おすすめのスタミナがつく逸品をご紹介。ウナギあり、ホルモンあり、唐辛子あり……。どれも元気が出そうですね。
取材/撮影 中元千恵子(トラベルライター 日本旅のペンクラブ、日本旅行作家協会会員)
アンテナショップお勧め「夏のスタミナ、この一品」
※ご紹介した商品は品切れしている場合があります。在庫を各アンテナショップにてお確かめください。
 また、商品の価格は掲載時のものですので、変動があることをご承知おきください。
気仙沼市・ミートよねくら
豚もつ「ほんちゃん」(200g 450円 )
 全国有数の水揚げ量を誇り、遠洋漁業の基地としても知られる気仙沼市。一年中活気あふれるこの漁業の街では、昔からスタミナ源として豚のホルモン(内臓)焼き料理が愛されてきた。「気仙沼ホルモン」と呼ばれ、最近はご当地グルメとして全国的にも人気だ。 そんなホルモンの本場で作られたこの商品は、軟らかく煮た豚のホルモンの食感と、ニンニクの効いた独自のみそだれが絶妙。食欲不振も吹き飛んでご飯がすすむ。ビールのつまみにもぴったり。
豚もつ「ほんちゃん」
越乃黄金豚 味噌漬
新潟市・株式会社ウオショク
越乃黄金豚 味噌漬
(豚肉80g×3枚、味噌60g 1400円)
 疲労回復効果が高いビタミンB1を多く含む豚肉は、夏におすすめの食材のひとつ。最高級の「越乃黄金豚」のロース肉を使った味噌漬けは、やわらかい肉とぴりっと辛みのきいた味噌が食欲をそそる。越乃黄金豚は、コシヒカリの産地として知られる自然豊かな神林村で、美しい水とハーブ類など入れた飼料を与えて1頭1頭丹精込めて育成されたもの。味噌は、コシヒカリを使用した越後味噌と新潟名産の唐辛子調味料「かんずり」をブレンド。多めに入った味噌で、野菜も一緒に炒めてたっぷり食べられる。
京都市・林孝太郎造酢
とんがらし酢(160g 924円)
 TVや雑誌にも取り上げられ、そのおいしさが話題になっている商品。これを目当てに来店する方もいるほど。ショップスタッフもに愛用者が多く、「さっぱりとした辛さで、和洋中のどの料理にも使いやすい」とのこと。使い終わったら酢を入れてもう一度作り、最後は唐辛子をきざんで炒めものなどに使えば「1本で3度おいしい」そうだ。
 製造元は、江戸時代から酢一筋に160年営む老舗。材料は米酢、沖縄の島唐辛子、塩とシンプル。酢自体の味がよく、辛さで酸味が抑えられて独特のうまさになっている。
とんがらし酢
鬼太郎の好きなビーフカリー辛口
米子市・妖怪舎
鬼太郎の好きなビーフカリー辛口
(200g 630円)
 7月中旬に発売されたばかりの新商品。鳥取県産の和牛を100%使ったレトルトカレーの辛口だ。このシリーズの中辛口は、TVのグルメや大食い番組で活躍中のギャル曽根が、「47都道府県のレトルトカレーの中で一番おいしい」と絶賛したもの。その評判もあってか、中辛口は30万食を売り上げる大ヒット商品となった。そしてこの夏、満を持して、辛口が発売された。袋のまま熱湯で5~6分温めるだけなので、調理も簡単。暑い夏もカレーを食べて元気に過ごそう。
四万十町・四万十うなぎ株式会社
四万十川うなぎ蒲焼(140g 1450円)
 夏のスタミナ食といえばウナギ。産地偽装などが話題になったが、やはり土用はもちろん、夏はウナギを食べて元気に過ごしたい方も多いだろう。そんな方はぜひコウチ・マーケットへ。四万十うなぎは、最後の清流といわれる四万十川河口で生まれた稚魚を、上流地域にある養殖場で生育したもの。豊富な地下水で身を引き締めて余分な脂を落とし、池揚げ前には四万十海苔を与えて風味付けもするなどさまざまな配慮がされている。焼いてタレも付けた状態で真空パックしているので、温めるだけでおいしい蒲焼が味わえる。
四万十川うなぎ蒲焼
ひや汁
門川町・水永水産
ひや汁(160g 367円)など多数
 宮崎県の代表的な郷土食である冷や汁は、近年は健康食や夏バテ対策として全国的にも知られるようになった。
 宮崎の冷や汁は、一般的に、すり鉢にいりこや焼いた鰺などの魚とゴマや味噌を入れてすり、直火で焼いたところにダシ汁を入れてのばす。仕上げに豆腐やキュウリ、シソ、ミョウガなどを入れ冷やし、ご飯にかけて食べる。焼いた味噌とゴマの香ばしさ、魚のダシ、夏野菜の風味や歯ごたえが食欲をそそり、暑い夏にもバランスよく栄養がとれる。粉末や乾燥パックなど、種類豊富に揃っている。