風土47
今月の特集「故郷の味で元気になろう! お弁当の友Part II」
元気の素 朝食の友 心も身体もほっとになる逸品 主役にも名脇役にもなる…酒の肴 ご飯を炊こうPart II 冬の食卓を彩る逸品 元気の素 朝食の友
昨年の4月に「お弁当の友」を特集して以来、あっという間に1年が経ちました。
新生活が始まるこの季節は、やはりお弁当のおかずに目が行きます。
…ということで、今回はPart IIです。
思えば、前回のときはまだ担当させていただいて間がなく、不慣れでしたが、毎月ショップをめぐって当時よりは商品知識も増えました。
いつも取材に同行してくださるこのサイトの責任者・H社長と、真剣に選んだ商品です。お弁当のおかずとして、オフィスや学校、行楽のお供にしていただけたら幸いです。
お弁当で春を元気に過ごしましょう!
取材/撮影 中元千恵子(トラベルライター 日本旅のペンクラブ、日本旅行作家協会会員)
アンテナショップおすすめ「お弁当の友Part II」
※ご紹介した商品は品切れしている場合があります。在庫を各アンテナショップにてお確かめください。
 また、商品の価格は掲載時のものですので、変動があることをご承知おきください。
札幌市・ホクレン農業協同組合連合会
北海道産ミックスベジタブル(200g 210円)
 お弁当の定番のひとつ、ミックスベジタブル。サッと炒めたり、茹でたりして、野菜のおかずが増やせるのでとても便利だ。彩りも美しい。ただ、冷凍食品は中国産の野菜を使っているものが多く、冷凍ギョーザ事件以来、敬遠している方も多いだろう。
 そういう方にもお勧め。この商品は、すべて“北海道産”の野菜を使っている。味も違う! おいしい。コーンが大粒で甘く、インゲンの苦みがない。炒めて塩コショウしただけでパクパク食べられてしまう。常備して活用したい一品だ。ミックスビーンズもあり、豆を使ったサラダやスープに便利。
北海道産ミックスベジタブル
ウインナーソーセージ
寒河江市・日東ベスト
ウインナーソーセージ(200g 600円)
 「スパイシー」というのが第一印象だ。細めの弾力のある身を噛むと、しだいに香辛料の味が口に広がる。地元で人気の商品だという。
 味を比較するために、同時に○ャウエッセンを食べてみた。大きく違うのは、脂っぽさと甘み。○ャウエッセンをとても脂っぽく甘く感じる。言い替えるとこの商品はすっきりとして脂っぽくない。そのせいか、かなり長いのに、2、3本、あっという間に食べてしまった。お弁当のおかずはもちろん、ビールにも合いそう。
土湯温泉町・森山
スモッち(1個 136円)
 絶妙な半熟具合のゆで玉子を、桜のチップで燻製してある。卵は、自然飼料によって育った地養鶏の卵「地養卵」を使用。あまり熱を加えず、スモ-クを吸着させる冷燻製はめずらしい製法だという。
 黄身までほどよい塩味が付いていて、燻製の香ばしい香りも食欲をそそる。半分に切ってお弁当に入れても黄身が流れ出ない絶妙の硬さ。見た目も美しい。けっこう食べ応えがあるので、そのまま持参して、おやつや夜食にしても便利そうだ。ゆで玉子と違って塩が要らないのもうれしい。
スモッち
能登いか大判焼き・チーズ
金沢市・宮商
能登いか大判焼き・チーズ(1個 525円)
 能登の小木港は、小さいながらも全国屈指のイカの水揚げ量を誇る。その小木港産のイカに、イカわたを練り込んだナチュラルチーズを入れて焼き上げた。
 港町で食べるイカのわた焼きは本当においしい。あの味をなんとか商品に、と考え出されたものだろうか。チーズを加えることでわたの味がまろやかになり、冷めても臭みが出ない。イカも肉厚で軟らかいのに歯ごたえがある。ただ、正直に言って、お弁当のおかずというよりは酒の肴。わたをチビチビなめながら日本酒、が合うような気がする。
下関市・奥野寿久商店
揚げちぎり(げそ一本揚げ・いわし)(150g 210円)
 おいでませ山口館で、外郎(ういろう)と並んで売上1、2位を争う人気商品。下関漁港のすぐ近くにある創業40年あまりの水産加工会社が作っている。
 ゲソを買ってみたが、おいしい。しかものこの値段。売り上げ上位で、売り切れが多いのも頷ける。各店の売り上げ上位を食べてみて思うのは、すごくインパクトのあるおいしさより、さりげなくおいしくて毎日でも食べられる、というものが多いということだ。お弁当はもちろん、夕飯のおかず、晩酌のおつまみにもいいだろう。こういうものが海の近くに行かなくても買えるのは、本当にアンテナショップのうれしいところ。「あご」と呼ばれるトビウオや、レンコンなどもあるという。
揚げちぎり(げそ一本揚げ・いわし)
秘伝豆酩
小松島市・和田島漁業協同組合
おにぎり若布(68g 250円)
 個人的には、今回の特集の中で一番のお気に入りがこれ。今まで特集したふりかけやご飯のおかず類の中でも、かなり上位に入る。
 最初はまったく期待していなかった。徳島県の担当のお二人はとてもいい方で、いつも感じ良く対応してくださる。そのお二人にすすめられても、半信半疑。「普通ですって書くことになったら悪いなあ」と思いながら持ち帰って、食べてみたら……おいしい! 小さいのにワカメが歯ごたえがあり、塩味も効いている。見た目にもワカメの緑がきれい。書いてある分量より少し多めに混ぜたほうがいいようだ。そして、重要なポイントだが、冷めてもおいしかった。冷えたおにぎりの試食に付き合った主人が、「もっと食べたい」と夕食時に炊き立てご飯にふりかけたほど。ただ、乾燥ワカメが水分を吸ってなじむまでにちょっと時間がかかるので、ふりかけより、やはりおにぎりにしたほうがいいようだ。生産元に電話をしたら、「和田島産のワカメを使っています」とのこと。さすが、ワカメの名産地徳島。納得の逸品でした。
番外編
取材を終えて
 今月も揃い踏みの撮影と特集の取材で、20軒ほどアンテナショップを回りました。
 今回の取材で特に印象に残ったのは(印象に残る=おいしい、です)、北海道のミックスベジタブルと徳島のおにぎり若布、それから来月の揃い踏みに登場する高知のラスクです。
 そして、取材のついでについ買ってしまったのが、京都館の季節限定販売の桜餅、同じく季節限定販売の福井の水ようかん。この二つもとってもおいしいです。毎月ですが、重い荷物を抱えながらの取材になりました。
 みなさんも、おすすめの品、お気に入りの品があれば、ぜひ情報をお寄せください。
北海道産ミックスベジタブル2