風土47
地鶏頭(宮崎ひむか地鶏)
平成16年に「みやざき地頭鶏」と名称を定めた地鶏。
4か月から5か月の長い期間、手間暇と愛情をかけて飼育しており、清涼な空気と雄大な大地の中ですくすく育った「みやざき地頭鶏」は、肉質の弾力とジュワーっとくるうまみと歯ごたえが、十分すぎる程、食を堪能できます。
チーズ饅頭(創夢)
宮崎名物。クッキーに近いサクサクした生地で、まろやかなクリームチーズを数種類ブレンドし、包み込んだチーズ饅頭。
表面にはエダムチーズを焼き付けています。
和洋ミックスのお菓子で、濃厚なチーズの味わいながらもあっさりとした甘さ。
お茶や紅茶・コーヒーにも合う一品です。
日向夏ぽん酢(ヤマエ食品工業)
南国宮崎を代表する柑橘類といえば、「日向夏」。
その宮崎県内で生産される日向夏と平兵衛酢、そして九州産のゆずの生搾り果汁を使い、丸大豆醤油およびかつおと昆布のだしで味を調えたぽん酢しょうゆです。
鍋物、湯とうふ、焼き魚、和風サラダ、酢の物、ぎょうざ、鉄板焼き等いろいろな料理にご利用いただけます。