大分県がおすすめする「デザート」はこれ!!
臼杵煎餅
臼杵煎餅
臼杵市せんべい加工協同組合
32枚入り 1,300円
慶長5年、豊後臼杵藩5万石の城主として稲葉氏が入国の頃、非常食として用いられていたものが、この臼杵煎餅です。
当時は米、麦、栗及びひえなどの飯を小麦粉と練り合わせて焼き、乾燥させて保存されたといわれます。
その後、原料も変化して小麦粉を主体とした現在の「臼杵煎餅」になりました。
焼き方は昔ながらの手造りを継承しています。
臼杵特産の生姜の風味を生かした、お菓子です。