鳥取県の漬物といえば、これ!
砂丘らっきょう漬
砂丘地帯の代表的な産物である砂丘らっきょうは、本県へは江戸時代に 伝えられたといわれており、今では県内約230haの面積で約3,700tのらっきょうが 生産されています。らっきょうは8月に植えつけて、翌6月に収穫します。毎年10月末ごろには、 薄紫のらっきょうの可憐な花が一斉に咲き誇り、イベント等が実施されています。本県では、砂丘らっきょうを「らっきょう漬」として、漬物に加工して食べられています。 味は甘酢で漬けてあるものが多い中、最近では、ワイン漬や梨酢漬等、新しい味も誕生しています。